2015年10月17日 (土)

これで『ゼルダの伝説 トライフォース3銃士』プレイ開始

Nvhf78qsds

いま取り組んでいる問題を終わらせたら『ゼルダの伝説 トライフォース3銃士』をプレイする予定であります。しかし私は断然、初期の頃の作品が好きなので受け入れるかは不明です。

けれども任天堂の流れがそのようになってきているので、コレは乗るしかないと判断した次第です。一人で黙々と進めるのがよいのですが、他人の足を引っ張るのは更に好きでした。

集団や皆のリズムを乱すのが得意分野ですから必然のポジションとなるのです。けれどほったらかしているとサボっている事が多くあります。最初に与えられた命令が記憶に残っています。

ロッドを取らないままクリアしてしまい、後から自分で回収しに行きました。街路樹を持ち上げて、投げつけるとダメージになります。倒せるほどではありませんが、怒らせる程度の効果はあります。

ゲームの仕様なのか単純なバグなのかは不明ですが、前回の失敗を考えて対策してきました。最近は私の中で流行っている方法を捨て、以前のような硬い考え方で進めます。とにかく倒されないようにハート(ライフ)の残量を確認しながらします。

助け合いよりも足の引っ張り合いが生き方にマッチしているので、ピンチの時に追い討ちをかけるようにしています。愛着があるのに性能が下がってしまうのは歓迎できません。難度の調整は最初からしてほしいものです。

マシンと違って経年と共に劣化してしまうのはしかたありません。しかしキャラクターではその発想はなくてはならないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

刻々とガラパゴス化する日本のゲーム

Bvgsw8z

中立から意見する事を心がけているので、映画だけてはなく最近はゲームもガラパゴス化しています。ユーザーが求めているシチュエーションは多角的に変化し、少ないニーズにピンポイントでフォーカスする事が大切になってきました。

例えばよく昼ドラであるような内容がPCゲームのシャンルとして確立されています。エルフの『ガテン系』などがその類型でしょう。シリーズも終盤へと進んでいるので次はどういった作品があるのか楽しみです。

いつか大きな力や国によって侵略されてしまい、市場がすっかり変貌してしまってもおかしくはありません。視聴した記憶はあるものの再び繰り返すような人は少なくなり、ただ数を消化しているのが現状です。

追放または自然に消滅したと思っていたら案外、残っている事は想定外でした。しかしながら転々と移動している事が幸いして、しばらくは安住の地として役に立ってくれそうです。

無名とは言いませんが、あまり話や噂を聞きません。現役で生存しているので引っくり返るような失敗や成功はしていないのでしょう。心配するのであれば変更すればよいのではとの意見があります。けれども頑なにチャレンジしてしまうのでした。

文化や風土によってやはり価値観は変わってきます。市場のために作品の方向性を変えるのはナンセンスでしょう。やはり原点に戻って、世界から孤立してもスタンスを貫くべきです。
この問題については、こちらの日本のゲームはガラパゴス化しているでも意見が分かれています。双方の主張を考える際はおすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

先ずは『図書館戦争 BOOK OF MEMORIES』から評論

Vgs78he

そうとも私はこんなところで止まっているヒマは無いのです。約束の日からだいぶ立ってしまったけれども、確実に『図書館戦争 BOOK OF MEMORIES』をゲットしなくてはなりません。

もちろん若干の仕様変更もあるでしょうし、何よりも参加者に奉仕に対する準備も怠る事はないでしょう。何かを崇めている人の気持ちが少しはわかりました。根本的に違っているのは、幼い頃からの本への刷り込みではないところです。守って命を落としてまで尽くす行為が一部では美化されています。しかしそれが全く意味をもっていないことに気づく人は限られています。

まず信じている事を否定しなくてはなりませんし、これまでの行動がムダであった事を認めなくてはならないので大変です。生活に組み込まれているので重大な事件やキッカケがなくては変化しないでしょう。

説明しても言葉が通じないのかは不明ですが、メリットが無いので放置しています。逆ら取り込もうとしてきたら反撃する武器は常に持っているようにしていました。

マンガやゲームを原作とした映画は2chでもよく取れ上げられる話題です。今回の『図書館戦争 BOOK OF MEMORIES』も例外ではなく、早くもWorld News Blog @2chでも議論されています。賞賛する人もいれば全く反対の感情もあり、いつ消されてもよい覚悟で望んでいるようです。

実際に足を運ぶ価値があるかどうかの判断は、こういった場所に隠されているのでした。確実にアウトなので気合は半分くらいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)